目指すのは『生活文化先進都市・奈良』

「国際文化観光都市」は「生活文化先進都市」でもあるべきだと、私は考えます。

長寿世代にも。子育て世代にも、若者たちにも、明日への夢と安心を。

世界に誇る歴史遺産のある街、私たちの奈良市を、未来に自慢できるような

「生活文化先進都市」に成長させましょう!

◉長寿世代と子育て世代、 若者たちが、笑顔で交流できるコミュニティ まちづくり

待機児童解消、子育て支援策の拡充はもちろん、福祉相談窓口のワンストップ化、長寿世代の移動支援システムの構築を早急に実現。また、奈良市内の大学生が卒業後にも奈良で暮らし続けたいと思うような"若者目線の魅力化”に取り組みます。

◉観光振興と教育や市民生活をひとつにつなぎ、奈良の価値、魅力をみんなで実感

「私たちは、世界に誇る素晴らしい街で暮らしている!」。安心して歩ける道路整備や街路樹、花壇などの美化。また、奈良の魅力を子どもたちに伝えるカリキュラムの導入、英語力の向上とともに、書道など、奈良らしい教育メニューも充実させます。

◉市民に寄り添い「市民力」を活かし「安心、安全」 にぎわい面でも先進都市へ

「心斎苑」の整備は、不安を払う丁寧な手法で建設へ。「新清掃工場」建設は、市民の環境意識をみんなで高めながら徹底した議論を。商店街の活性化や地域のヨコのつながりを強める仕組みづくり。便利でにぎわいのある奈良市を、市民参加で実現します。