36万人「元気都市」宣言!

「なら燈花会」をつくったあさひろよしこ

その市民力と発想で、奈良の市政、未来を変えます!

「なら燈花会」は1999年、仲間と一緒に私が立ち上げ、総勢約3千人の市民力を結集することで、

今や90万人を超えるお客様をお迎えする、夏の風物詩となりました。

その他、多くのまちづくり事業を通して、また地域情報誌「yomiっこ」の編集長として、

奈良を元気にするために30年間、懸命に取り組んできました。

その実績と経験を今度は奈良市政で生かしたいと思います。

長寿世代から子育て世代、若者、子どもたちまで、オール奈良の「市民力」で!


あさひろよしこが大切にする

3つのキーワード


対 話


「なるほど! わかった!」。
対話から生まれる理解。

納得を共感へ。
市民と心が通じる、市民の思いに

寄り添う市政を実現。


やさしさ


長寿世代へ、若者たちへ。

妊娠、出産、子育て応援。

「やさしさ」を原点に、

きめ細かく目を配り、

やるべきことをやり抜く。


市民力


まちづくり、地域づくり、

観光・産業振興、中心市街地活性化。

市民のチカラを奈良の活力に。

行財政改革にも市民目線で

厳しく切り込む。